朝晩

育毛シャンプーと育毛剤の効能の違いは?

育毛シャンプーと育毛剤の効能の違いを理解するためには、まずは各々の特性特徴を知るところからスタートするのがベストです。
ここでは各々に関する基礎的な知識を検証し、両者を比較する事でその効能の違いを理解して行きたいと思います。
先ずは育毛シャンプーですが、製品名を読んで字の如く、これは「現在生えている毛髪を育てる」シャンプーであり、新たな発毛効果を期待する製品ではありません。

市販のシャンプーは化学成分が強く、強い洗浄力がメリットな半面、頭皮上の皮脂を過剰に削り落してしまう一面も兼ね備えており、育毛という視点からすればデメリットとなる効果も届けてしまいます。
強い化学成分は結果毛根頭髪にとっても「ダメージを加える」作用に繋がり兼ねず、薄毛や抜け毛に悩む人にとっては好ましいとは言えません。
育毛シャンプーはこうしたデメリットを回避すべく、市販のシャンプーと比較して「やさしい」性質を有しています。

洗浄力面ではワンランク落ちるとも言えますが、頭皮に必要な皮脂を残し、誤った刺激やダメージを与えない成分で構成されています。
あくまでも現在生えている毛髪を大切に、健康的に育つ環境を整備するのが育毛シャンプーであり、ダイレクトに頭髪に栄養を供給する製品ではありません。
次に育毛剤ですが、こちらは良好な健康状態とは言えない頭髪の毛痩せ、抜け毛などをストップすべく、栄養を与え毛を育てる目的で用いる製品です。

毛根あるいは毛髪に用いる事で、不足している栄養素を補い、より太くより艶やかで健康的な毛髪に改善する効能が期待出来ます。
これら各々の特性からも既にお察しの通り、まずは育毛シャンプーで自身の頭髪を健康的に育てる事が出来る頭皮環境をしっかりと整備する事が大切です。
田畑に置き換えれば、しっかり耕し適正な水分を含んだ「田」「畑」を整備するのが育毛シャンプーが担う役割です。

そして整備された頭皮に適正に育毛剤を用いる事で、結果毛髪は栄養分を正しく吸収する事が出来、効能の実感に繋がって行く事となるのです。
せっかく高評価の育毛剤を入手し用いたとしても、頭皮の状態がしっかり整備されていなければ、十分な効能を得る事は出来ません。
あるいは育毛シャンプーで頭皮のコンディションの整備ばかりを続けていても、肝心の頭髪毛根に栄養を与えなければ、現状維持が上限のまま時を数える事となってしまいます。
各々が担う効能が異なりますので、適正に継続的に用いる事が大切です。
育毛効果を促進するにはサプリメントタイプの育毛剤http://www.soulclipse.com/supple.htmlというものもあるそうです。
育毛に有効な成分を直接体内に取り入れることができるので、効果が期待できそうですね。

Copyright(C) 2013 髪の成長に欠かせないもの All Rights Reserved.