朝晩

育毛シャンプーをつけてすすぎまで時間をおいた方が良い?

「育毛シャンプーは髪の毛を育てるシャンプーだから、直ぐにすすぎ流してしまうと効果が得られないのでは?」と考える人は少なくありませんが、これはズバリ「間違った解釈」なのです。
育毛シャンプーは髪の毛を育てるのに適した頭皮環境を整える、通常のシャンプーと比較して優しい成分で構成されたシャンプーであり、直接髪に栄養素を与える役割は有していません。
通常のシャンプーは成分刺激が強く、結果頭皮上の皮脂を過度に「削り落とす」傾向が見られます。

これが結果、頭髪や頭皮にダメージを与える事となり、それが蓄積する事で抜け毛、薄毛、毛痩せなどに繋がってしまうのです。
対して育毛シャンプーは頭皮に必要な皮脂を残し、元来の健康的なコンディションを整えてくれるシャンプーです。
正しい使用法として、以下のポイントをしっかり押さえておいてください。

先ずは洗髪ブラシの使用は厳禁です。
利用は今更述べるまでも無いかと思いますが、これは頭皮頭髪にダメージを与えるだけです。
洗髪時間は1分以内、素早くきめ細かに泡立て、自らの指で洗髪しましょう。

また髪に直接シャンプーを注いでから泡立てる手順もダメージを与えるだけですので、こちらも慎みましょう。
あくまで「余分な汚れだけを落とす」作業に徹してください。
そして「すすぎ」ですが、こちらも時間を置く事なく、十分過ぎる程に行う事が大切です。

先に述べた通り、育毛シャンプーにはダイレクトに育毛作用に繋がる成分は含まれていません。
髪や頭髪にシャンプーが残ってしまわぬ様、しっかりとすすぎましょう。
シャンプー後に一定時間そのままにしておく事は、髪や頭皮にとって何ひとつプラスとはなりません。

洗髪を終えたシャンプーの泡は無数の髪と頭皮の汚れを含んだ状態となります。
そのまま髪に付け続けていては、結果せっかく除去した汚れを再度髪や頭皮に付着から浸透させてしまう事に繋がってしまうのです。
「速やかに洗い、しっかりとすすぎ切る」事が不可欠です。

育毛シャンプーを洗髪後のリンスやコンディショナーと混同しない事が大切なのです。
また過度な洗髪も逆効果で、1日2回以上の洗髪も逆効果です。
優しい成分の育毛シャンプーを用いたとしても、これでは頭皮に必要な皮脂を失う事となり、髪自体も適正な潤いを失いカサカサな状態となってしまいます。
清潔と洗い過ぎは別物だと踏まえ、不要な汚れだけを除去し、適度な脂分を有した状態をキープする事こそが、健康な髪を取り戻す第一段階である事を知っておきましょう。

Copyright(C) 2013 髪の成長に欠かせないもの All Rights Reserved.