朝晩

授乳中に使用でいる育毛シャンプーはある?

妊娠期間中に頭髪が薄くなってしまう女性は決して珍しくありません。
出産後の授乳期間中に少しでも早く元通りの髪を取り戻したいとお考えの方が大勢おられるのも、女性心理としては当然の事でしょう。
ですが授乳期間中は母親が体内に採り入れたあらゆる成分がダイレクトに母乳を通じ乳児に与えられる訳ですから、自ずと育毛シャンプーの使用に慎重になる「母心」との葛藤は避けられません。

授乳期間中に安心して使用出来ると確約が得られる育毛シャンプーがあれば、おそらく数え切れない母親が飛びつく事でしょう。
そこでここでは視点を移し、授乳中に「使用してはならない育毛シャンプー」を先ずは知るところから始めてみたいと思います。
妊娠期間中を含め授乳中に用いる事を避けねばならないのが、医療品の育毛剤である事をしっかり確認しておきましょう。

中でもタブレットタイプのミノキシジル、フィナステリドが含まれた育毛シャンプーは使用厳禁で、フィナステリドや男性ホルモンの抑制効果目的の成分です。
元来女性向きの製品では無い為、母乳を通じ乳児にダイレクトに悪影響を運んでしまうリスクが大変高い事を知っておいてください。
何より医薬品の育毛剤は総じて副作用が高い傾向が顕著です。

授乳期間中に育毛シャンプーを使い始めても大丈夫な時期の目安としては、抜け毛や薄毛の症状が自力で治まり始めた時です。
妊娠を通じ体内でバランスを崩した女性ホルモンの分泌が元通りに落ち着く事で、髪の毛も元の状態に戻ろうとしているのを自覚してから用いればリスクを抑える事に繋がります。
あくまで女性用に製造され、刺激物の含有が少ない弱酸性の製品をチョイスする事が大切です。

着色料や保存料が含有されていると、やはり母乳を通じて乳児の体内に運び込まれる可能性が懸念されますので、内容物のチェックは十分に行ってください。
インターネットを利用する事で、授乳中の女性にお薦めの育毛シャンプーの商品情報や使用者の経験談や感想などを閲覧出来ます。
まずは自身で十分かつ正確な情報を収集するところから着手される事をお薦めします。

かつての髪を取り戻したい「女心」よりも「母親として我が子の健康第一」の価値感をしっかり自問自答の上、母子共の心身に優しく安全な育毛シャンプーを的確に選択してください。
実際に安全に確かな効果を得ておられる先輩ママは数え切れない程いらっしゃいます。
次は皆さんが彼女達に続いていただければと思います。

Copyright(C) 2013 髪の成長に欠かせないもの All Rights Reserved.