朝晩

育毛シャンプーは薬品とは違う?

これから育毛シャンプーの使用を検討している方は自身で色々収集された情報の中に、あるいは現在使用中の方であればお手元の育毛シャンプーに、この一文を確かめておられるかと思います。
「医薬部外品」なる五文字がそれですが、この医薬部外品なる言葉が指す意味を理解されているでしょうか?
「医薬部外品どいう事は、医薬品ではない」と解釈出来ますが、それなら具体的に医薬品とどんな店が異なるのか、正しく理解されている方は意外と少ないのではないでしょうか。

言葉の響きから受ける印象として、医薬部外品は医薬品と比較して、何となく効果が薄い先入観を抱いてしまいがちです。
「医薬品だから良く効く」「医薬品では無い以上、効果はイマイチなのでは?」という固定概念がこの世に存在しているのは事実です。
ここから少し専門的な話になりますが、現在日本の薬事法では、人体に服用あるいは塗布する製品を以下の3つに分類している事を、まずは確認しておいてください。

それらは「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」です。
医薬品とは法律で定められた薬品を用い、その効果が確認されており、時に副作用を誘発する可能性も有し、販売管理に際しては薬剤師が居る事が義務付けられている製品も存在しています。
化粧品は身体の外部から塗布する事で外観を美しく見せる目的で使用される製品で、特に人体内に深刻な影響を及ぼすリスクも少なく、ユーザーは比較的自由に入手が可能です。

そして医薬部外品ですが、これは医薬品ほどの確かな効果は確認されていませんが、それなりの効果が期待出来、副作用のリスクが少ない製品を指しています。
販売や管理にも特別な許可承認を要さないのも医薬部外品の特徴です。
一例として現在は体内に摂取して治療するプロペシアに関しては医師の処方が義務付けられていますが、育毛シャンプーなど体外から治す手法で用いられる製品は医師の処方は不要です。

育毛シャンプーが医薬部外品の範疇である事が、この説明でご理解いただけたかと思います。
今日市場には数多くの育毛シャンプーが流通しており、商業施設を始めとしてインターネット通販でも簡単に入手出来る環境が確立されています。
既にヒット商品も多数誕生しており、多くの愛用者がその効能を「喜びの声」として配信しています。
ぜひ色々な情報を収集の上、冷静に吟味検討を重ね、皆さん自身にベストマッチの商品をチョイスして、正しく使用していただければと思います。

Copyright(C) 2013 髪の成長に欠かせないもの All Rights Reserved.